鳥たちのいえ

いろいろな鳥たちのいろいろな声をとどけたい
ギャラリー鳥たちのいえは自由な表現者のためのひらかれた発表の場です
ギャラリー1、ギャラリー2、ロフト三つの空間があります
空間をリフレッシュして2017年秋より再始動です

ギャラリーオープンにあたって

平田將人 Modern Vidro展

平田將人

ひらたまさと

  • ギャラリー1

2020.05.11(月)〜2020.05.16(土)

10:00〜18:00(最終日は16:00迄)

吹きガラスの工芸作家、平田將人さんの展示です。初夏を楽しむ涼やかな器や、花瓶などが展示されています。「堅実な日常生活に役に立ち、使う人の心を癒すものでありたいと願っています。」という平田さんの言葉通り、何気ない日常の食卓の上で、心がほっとするような使い心地です。ご覧になるだけでも大丈夫ですので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。

More

まちなかミニミニ映画館 第6弾!

鳥の劇場

とりのげきじょう

  • ギャラリー2

2020.01.17(金)〜2020.01.18(土)

両日 19:00〜(上映時間:87分) 監督による作品解説を予定。

畠山氏との出会いについて少し触れたい。
映画監督、畠山容平氏と出会ったのは、2年前ぐらいになるだろうか。「ギャラリーで映画上映をしてはいかがでしょう」という畠山氏と話をしたのが最初だった。不思議な雰囲気のある方だと感じた。上映作品を探す中で、ドキュメンタリー作品のことが浮上したことがあった。何気ない会話の中で、ご自身の作品のことについて触れられた。え、そんな面白そうな作品、早く教えてくださいよ! なんて控えめな方だ! すぐに送ってもらい鑑賞した。撮影される側も撮影する側も、同じ畠山氏。ちょっとこんがらがる。作品は、すごくよかった。写真家、畠山氏の覚悟がじわじわと伝わってくる。同様に、監督、畠山氏の畠山氏を見つめる眼差しの熱を感じた。折良く鳥の演劇祭のドキュメンタリー映画作品の制作を考えていた。この人に依頼しようと決めた。

More

原画展 谷口ジローの世界1 

主催:鳥取県 株式会社ふらり 協力:双葉社 鳥たちのいえ

とっとりけん かぶしきがいしゃふらり

  • ギャラリー1
  • ギャラリー2

2019.10.01(火)〜2019.10.20(日)

10:00〜18:00 休廊日:10月7日(月)、15(火) 観覧無料

原画展 谷口ジローの世界1が始まります。
今回は、原作者・狩撫麻礼とのコラボレーションによる作品に焦点を絞っての展示になります。鳥取では、『父の暦』や『遥かな町へ』などがよく知られていると思いますが、この80年代前半の作風はあまり知られていないのではないでしょうか。見応えある作品の数々をご覧いただき、谷口ジローの新たな一面を見つけていただければと思います。(観覧料無料です。)

More

まちなかミニミニ映画館 第5弾!

鳥の劇場

とりのげきじょう

  • ギャラリー2

2019.09.13(金)〜2019.09.14(土)

両日 19:00〜

二ヶ月に一回、ギャラリー鳥たちのいえが、ミニミニシアターに変わります。
小さい空間にぎゅっと集まって、ちょっとマイナーだけど超面白い映画を紹介。
鳥の劇場がまちなかの新しい文化の場作りに挑戦します。

今回の作品は、ノア・バームバック監督の『フランシス・ハ』です。

More

Ultrahigh Frequency

Hiroto Wada

ひろと わだ

    2019.08.03(土)〜2019.08.04(日)

    9:30−17:00(最終日は、13:00まで)

    作家プロフィール
    2013年 東京藝術大学 日本画専攻 入学
    2017年 同大学 修士課程 入学
    2019年 現在 同大学 博士課程後期 在籍

    受賞・展示会
    2017年 平成芸術賞 受賞
         星野眞吾賞 入選

    私は人々がスマートフォンを通じてインターネットサーバーの中にある仮想空間の中の肉体(アカウント)に向けて、魂(自我)を転送しているように見える。抜けてしまった魂を求めて彷徨う電波(Ultrahigh Frequency) に半分侵食された肉体と一連の流れを描いている。

    More